読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

『駆け抜けた先に得られるもの』

みなさん、こんにちは!

株式会社タネトネ’17年入社の鈴木颯人です。



この記事を読んでいるのはいつごろでしょうか。




みなさん、それぞれの時期で心境が大きく違うと思います。
焦り、不安、緊張、恐怖、期待、憧れ、楽しみ、etc…




今どんな『心境』でこの記事を読んでいますか?




本日は、みなさんと同じような心境を経て、就職活動を行ってきた僕の就活体験談をお話いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


1.就活と周活

                   f:id:tanetone17:20170308182254j:image


まずは、簡単な自己紹介と3月までの就活のお話です。
僕の学部は工学部です。

みなさんお使いのスマホなど、

タッチパネル」の研究をしています。



そんな理系の僕がなぜ教育業界に決めたのか、

この話は後ほどするとして…。




僕が就活を始めたのは大学3年の11月の頃でした。

ちょうど冬のインターンシップ(以後インターン)が本格化し始めた頃でしょうか。



その頃の周りの友達の就活状況は、

インターンなんて面倒だから行かない。」 

「自己分析とかそろそろ始めなきゃ。」

と、就活に対する動きがあまり見られない中、一人で孤独にインターンに応募していました。



その頃は業界・業種問わず様々な分野に参加していました。

業界研究と自己分析をするインターンが多かったですが、中には

 

100人の社会人と会ってお話をする

 

というものや、

 

社長のかばん持ちをする

 

といったインターンにも参加しました。


これを聞いてみなさんが思ったことは多分これでしょう・・・。



           「そんな事やる意味あるの?

   「なんか就活に関係するの?



ですよね。(笑)




僕も思っていました。
社会人の方と会うにも交通費はかかるし、カバン持ちに関しては神奈川在住なのに、大阪に1泊2日でしたから…。


何度も、

こんなことしていて意味あるのかな」と

思いました。




では、なぜやっていたのか。



それは

                       「動き続けること
                       「考えること


この2つの大切さを体感していたからです。



周りがどう言おうと(周活)、自分が必要だと思ったこと(就活)をやり抜く力。
意味を与えてもらうだけでは、力になりません。
自分で考えた気づきこそが本当の強みになります。


では僕が就活中に何に気づいたのか…。



2.就職と修飾

f:id:tanetone17:20170308183115p:image


業種によって魅力は様々。そのため多種多様な説明会や選考に参加していました。


しかし、どの業種もどっぷりその魅力につかるわけでもなく、
面接で伝える思いも弱く、着飾った言葉を並べて、好印象を与えることに必死になっていました。



      「どうしたら、面接がうまくいくか。
                 「選考が通過できるか。


それだけを考えてさまよっていました。



突然ですが、


        「何を重視して仕事を選びますか?



僕はこの問いに対して明確な答えがありませんでした。


そんな心境で就活を続けていました。


その先に待ち受けている結果は予想がつきますよね…。


                             『不採用



どうしたらこの状況を打破できるかを考えたときに先ほどの問いが頭をよぎりました。


自分が何をしたいのかどうなりたいのか

これらを考えなければいけないことに気づき、それを踏まえたうえで就活を続けました。



その中で、教育業界の説明会に参加した時、違いに気づきました。


今まで受けていた業界とは違い、魅力にあふれていました。
それまで受け身姿勢だった説明会でも率先して質問をするほど興味関心が湧きました。


自分は人(子ども)と関わっていきたい。
そしてともに成長していきたいと思えました。

自分がやりたかったことは教育なのだと、だと気づきました。



つまり、

思考を止めず、動き続けていれば迷っていても道は切り開かれてくる。

と、いうことです。
これが就活で気づいたことです。


その後は教育業界一本に絞り就活を進めていました。





3.制約と誓約

f:id:tanetone17:20170308183649j:image
教育業界一本に決めることで、無数に広がりさまよっていた中に一本の道筋が見えました。




教育業界で戦っていく『覚悟』。

これによって就活の内容がより濃いものとなりました。





・自分はどんな教育をしたいのか…。
・もっと言えば、社会人としてどんな大人になりたいのか…。
・そして、理想の自分に成長できる会社はどこなのか…。





           『その答えはここにありました』
マイナビhttps://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp206085/outline.html
リクナビhttps://job.rikunabi.com/2018/company/r441181017/




・僕は教育とは、点数を上げることではないと思っています。子どもたちが、生き抜く力。成長する力。魅力的な大人になる力。これらをともに育んでいくものだと思っています。
・そのために、自分が子供にとって近い存在でありながら、大きな道標でありたい。
・それは、人の“本気”を受け止めてくれて、”本気”で答えてくれる「タネトネ」でないと叶わないと思い、決めました。



選考中にこんなことがありました。

就活をしていると、


「なんで、今回の選考落ちたのだろう」、

「なんで、この選考受かったのだろう」


こんなこと感じたことありませんか?


僕のタネトネでの2次選考がまさにこの後者でした。

選考ではボロボロで、半ば諦めかけていた時、2次選考通過の連絡をいただきました。

そこで次の選考の話だけではなく、2次選考のお話もしていただき、納得した形で次に挑むことができました。



みなさんが選考を受けている企業の中にここまで、本気で選考に挑んでくれて、自分を見てくれていると感じる企業はありますか。


僕はここでなら絶対に成長できると思いました。





僕にとって、教育は未知の世界。
それでもこの会社でやっていきたいと心から思えたから、工学部出身の僕が今、教育業界にいます。




f:id:tanetone17:20170308183935j:image
みなさんは、行きたい業種決まっていますか?
第1志望の企業がありますか?



いま見えている世界がすべてですか…?



あなたが知らない企業はたくさんあります。
本当は知らないだけで今の第1志望の企業より素敵な企業があるかもしれません。



だから動き続けてください。
動き続けた先に、

あなたが本当に求めていた企業が必ず現れます。



ここ一番の勝負時にそれまでの経験がとなり、自信となります。



就活はゴールではありません。
むしろ社会人になるための助走にすぎません。



就職活動中に得られた力は、社会人としても必要な力になります。


これは、内定者期間にいろいろとやらせてもらっている僕がリアルに感じていることです。




いま、どれだけ成長できるかが、未来の自分の原動力になります。


理想の社会人になるために納得のいく就職活動をしてください!


みなさんの健闘を祈っています。