読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

自信を持って!!!

『自信をもって!』

 


こんにちは!

 


タネトネ2017年入社の平石海です。

 

新潟県出身で新潟の専門学校を卒業した、上京したての20歳です。

 

専門学校ではイベントビジネスを学んでいました。

 

そしてタネトネ2017年度で、唯一の専門卒です。同期は全員大学卒です。

 

自己紹介がくどいって思われたかもしれません。

 

ですが今回の話に深く関わるので、読み飛ばさないでください!!

 f:id:tanetone17:20170419205453p:image

読み飛ばさないでくれた方で、こう思った方も少なくないはず。

 

 

なんで新潟の専門学生が、東京の企業に?

 


私が東京で就活をしようと思っていた理由は、親によく言われていた

 

「若いうちに苦労しとけ」という言葉に

 

自分の成長のためにも東京の方が色々大変かなって思ったのがきっかけでした。

 

もちろん、専門学生の上京は決して珍しいものではなく

 

今就活をしている方の中にもたくさんいらっしゃるはずです。

 

私が就活で初めて東京に来た時は


建物の高さや人の多さ


ダンジョンのような駅を見て恐怖で頭がいっぱいでした。

 


新潟とは全く違う環境にビクビクしつつ

 

イベントビジネスで感じた、子どもたちの役に立ちたい


って気持ちをもとに就活をしていたらリクナビで見つけてしまいました。

 


『株式会社タネトネ』

 


変わった名前と熱い説明文に惹かれて説明会に申し込みました。

 

そして説明会も、熱い気持ちが溢れ出てくるような説明会だったんですが

 

それは是非みなさん自身で体感してみてください。


そんな説明会に心打たれた私は選考に申し込みました。

 

 


選考をする度にタネトネの夢を達成するための熱量や子供達への想いの深さを感じて


ここで働きたいって気持ちが大きくなっていきました。

 f:id:tanetone17:20170419205542p:image


そして、内定をいただくことができました。

 


内定を頂いて嬉しいと思っていた矢先

 


なんと内定者は自分以外全員年上!?

 


という自分の置かれた状況の中で私は


知識と経験がある大学生に


自分はついていけるのだろうか


という不安と劣等感が心を支配していました。

 

 

 

 


しかし、ここでも私を信じて背中を押してくれたのが人事の方と

 

同じ仲間である内定者のみんなでした。

 

『自信をもって!』

 

何度も言って頂いたこの言葉に、いったいどれだけ励まされたか。


『一番年下だなんて関係ない』


『全員大学卒だから何?平石がどうするかが大事だよ』

 

多くの人がかけてくれたこの言葉をもとに

 

心の壁を壊していくために行動することができました。

 

最近は年齢なんて全く気にしていないのですが

 


みんなより早く多くのことを学べることに

 

誇りを感じています。

 f:id:tanetone17:20170419205608p:image

 

この話で伝えたいことは、自信と強い気持ちを持って行動して欲しい、ということです。

 


何度選考を受けても結果は付かず

 

時にはキツい言葉をかけられ


私も一度は本当に就活をやめようって思った時もありました。

 

しかし挫けずに行動し続けたからタネトネと出会うことができたし

 


素晴らしい人たちに巡り会うことができました。

 

どうしようもない状況や環境を前に

 

逃げ出したくなるような瞬間があると思います。

 


でも恐れずに、環境なんて関係ない。

 

自分次第だ。

 


その先に輝く未来が待っています。

 


周りにはあなたを応援してくれる人が必ずいます。

 

私も応援しています。

 


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

みなさんと会える日を楽しみにしています。

 

 

 

 株式会社 タネトネの新卒採用・企業情報|リクナビ2018