読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

青天の霹靂

 

皆さん、はじめまして!
株式会社タネトネ2017年度入社の山崎華蓮です!

 

友人からは「ザキヤマ

先輩からは「ざきやまちゃん

後輩からは「ザキヤマ先輩」「ザキヤマさん

と呼ばれています。

 



 

さて、ここまでタネラボを呼んでいただき

本当にありがとうございます!

 

 

皆さんと似た境遇、共感できる記事があったのではないかと思います。

 



今回のブログは

 

なぜ教育と無縁の私がタネトネで働くことを選んだか

 

そして

 

タネトネで出会った仲間について


お送りします。

 


f:id:tanetone17:20170406233340j:image
 

 

私は、大学でサービスマーケティングや組織経営について勉強していました。

 

そのためか、3月に入ると周りはサービス業・卸売業に狙いを定めて就活を始める人がほとんどでした。

 

 

一方で、私は

 

 

「人を大切にしている会社」
「お客さんとじっくり関われる仕事」

 

 

という2点以外は特にこだわりはなく、職種も問わず、気になる企業の説明会や選考に参加していました。

 

 

そんな就活を続けて3月、4月、5月、6月....

 

自分が知らない世界を知るのが楽しくて、なかなか業界を絞れなかったのを覚えています。

 

 

自分が要領の悪い就活をしていたのは薄々感じていましたし、
就職センターの方も「そろそろ方向性決めないと....」と心配されていました。

 

でも、そうやって色々なことに興味をもち門戸を開いていたからこそ、出会えた会社がありました。

 


それがタネトネです。

 


私は教育に関する知識はありません。
もちろん、教育実習や塾講師の経験もありません。

戸惑うこともあるかもしれない。

 

でも、ここで頑張ってみたい。

 

そう思える説明会でした。

 

タネトネが大切にしていることや

人に対する理念(説明会で分かります)も私にとって大きな魅力でしたが

 

やっぱり

 

働く人の熱意を肌で感じ、心が突き動かされた

 

というのが一番の決め手でした。

 


悔いのない選択とは、心が感じるままに選んだ道のことを言うのだと思います。

 

 

 

私は「見たい」「知りたい」「やってみたい」と感じるままに行動し、

 

悔いのない結果で就職活動を終えることが出来ました。

 


「専攻していた分野と違うから」

  「自分と無縁の業界だから」

 

 

と自分の可能性を狭めてしまうのは、凄くもったいない事だと思うんです。

 

 

 

この記事を見た皆さんの未来に
タネトネという選択肢が加わったら嬉しいです!

 


f:id:tanetone17:20170406233340j:image
 

 

 

私がタネトネを選んで良かったと思う理由の一つは

 

 

同期であるイチナナに出会えた事です。

 


初対面時こそ緊張したものの、みんなタネトネに惹かれてここにいるんだなぁと思ったら
すぐに打ち解けることが出来ました。


一般的に、入社までに同期と顔を合わせるのは内定式と入社式くらいだと思うのですが、タネトネの場合は少し違います。

 


内定から入社までの期間を

 

「チーム力を高めるための期間」とし、

 

親睦会や合宿、その他さまざまな企画を通して絆を深めてきました。

 

和気あいあいとした内定者グループから
言い辛いことも言い合あえる、本当の仲間へ。

 

今ではお互いの尊敬できるところや弱い部分、一人一人の目標だけでなくそれに至るまでの覚悟を知っています。

 

 

かっこいいところもかっこ悪いところも見せられる。

 

 

追いつきたいし、追い越したい。

 


皆さんもここで、そんな風に思える仲間に出会えるかもしれません。

 


皆さんが素敵な仲間に出会えますように。

 


皆さんが「やりきった!!!」と

 

晴れやかな笑顔で就職活動を終えられますように。

 

イチナナ一同、応援しています!

 

ここまで読んで下さってありがとうございました!

 

 

良かったら、説明会でタネトネのことをもっともっと知って下さい(  ’-’  )♪

 

 株式会社 タネトネの新卒採用・企業情報|リクナビ2018