読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

自分のやりたいこととは?

イチナナ唯一の大阪生まれ、

 

 

 

白石華蓮です!

 f:id:tanetone17:20170330215704j:image

 

 

 

 

 

今回は地元を離れた私が

 

 

 

 

地元である大阪に帰らずに、

 

 

 

 

 

 

東京に就職したことについて

 

 

 

 

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

 


私は大学進学を機に、大阪から東京へ出てきました。

 

 

 

 

 

1年次は寮生活をしていたので、

 

 

 

 

 

一人暮らしは今年の4月から4年目に入ります。

 

 

 


現在、地元を離れ一人暮らしをしている方はどのくらいいるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 


一人暮らしって本当に大変ですよね!

 

 

 

 


料理や洗濯、掃除に加え、大学の課題やバイトなど、

 

 

 

 

 

 


生活だけでも大変なのに

 

 

 

 

 

 

 

自分の勉強もしっかりしなくてはいけない。

 

 

 

 

 


本当にお疲れ様です。

 

 

 

 



最後の学生生活、悔いのないように就職活動も頑張ってくださいね!!

 

 

 

 

 

 

家族・友達への思い

 

 

 

 

 

私は就職活動を始める前は地元に帰ろうと思っていました。

 

 

 

 

 

 


地元に帰れば、中学や高校の知り合いとすぐに会えるし、

 

 

 

 

 

 

 

住み慣れた街はとても安心できます。

 

 

 

 

 

 

 

そして何より、家族の近くにいることができる。

 

 

 

 f:id:tanetone17:20170330215753j:image

 

 


家族の近くにいたいと思う理由は人それぞれあるかと思いますが、

 

 

 

 


私の場合は

 

 

 

 

 

 

 

母親の手助け、引いては家族の手助けができる、

 

 

 

 

 

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

大学では自分のやりたいことをさせてもらった分、

 

 

 

 

 


働き出したら地元に帰り、家族のために過ごしていこう。

 

 

 

 

 

 

そう思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

今思えば、

 

 

 

 

 

 

 

 

そう過ごしていかなきゃいけない、

 

 

 

 

 

 


と思っていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな思いを抱えながら、

 

 

 

 

 

 

 

地元大阪と東京での就職活動に取り組んでいたとき、

 

 

 

 

 

 

株式会社タネトネと出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

自分の理想とする教育、理念がここにある、と感じていました。

 

 

 

 

 


その思いをぶつけ、選考に進ませていただき、

 

 
最後には内定をいただくことができました。

 

 

 

 


しかし同時に、大阪の地元密着型の学習塾を経営する企業からの内定もいただいていました。

 

 

 

 

 

 

 


このまま残るか、地元に帰るか、

 

 

 

 

 

二択に迫られていたのです。

 

 

 

 f:id:tanetone17:20170330215831j:image

 

 

 

就活・内定をもらった後の葛藤

 

 

 

 

私が考える教育とは、誰もが受けることのできる権利であり、

 

 


どんな状況にあったとしても、

 

 


誰もが皆、教育を受けられる環境があるということです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな社会を作っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

口で言うのは簡単ですが、

 

 

 

 

 

それを現代社会で実現するのはなかなか難しいことです。

 

 

 

 

 

 


しかし、それを実現していこうと働かれている先輩方の話を聞いて、

 

 

 

 

 


より一層、

 

 

 

 

 


ここで働きたい

 

 

 

 

 

 

という気持ちが芽生えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に地元に帰り、塾講師として働きながら、

 

 

 

 

 

 


母親や家族を支えたい

 

 

 

 

 

 

 

 


という気持ちも強くなっていく一方でした。

 

 

 

 

自分がやりたいことはどちらなのか。

 

 

 

 

 

自分がやるべきことは何なのか。

 

 

 

 

 

 


葛藤の先に見えたもの

 

 

 

そんな葛藤を抱えているとき、父はこんな言葉をかけてくれました。

 

 

 

 

 


「近くにいるから必ずしも幸せなわけではない。

 

 

 

 

 

 


逆に遠くにいるからといって必ず不幸なのでもない」

 

 

 

 

 

 

 


「華蓮は華蓮がいる場所で、華蓮なりにサポートできる方法を考えなさい」

 

 

 

 

 

 

 

「だから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみたいことは大いにやりなさい。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、やるべきことはしっかりと。」

 

 

 

 

 

その言葉を聞いたとき、

 

 

 

 

 

 

 

 


「私にできることは一体何か?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今、自分が決めたこの場所で自分の夢を抱き、

 

 

 

 

 

 

 

 

その夢を成し遂げるために一生懸命働くことなのではないか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな思いがこみあがり、私は東京に就職を決めました。

 

 

 

 

その旨を人事の皆様や両親に伝えるときは、

 

 

 

 

 

 

様々な思いがこみ上げ、涙が溢れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私を受け止めてくださった人事の皆様、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私の背中を押してくれた両親には

 

 

 

 

 

 

 

感謝しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、ここまでしてもらったのだから

 

 

 

 

 

 

 

最後までやりきろう!

 

 

 

 

 

 

 

 


と思えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

そんな思いを胸に、

 

 

 

 

 

 

私は4月から働き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のように地元に帰るか、東京に残るか迷っている方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あなたの本当のやりたいことって何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


地元に帰って、本当に自分のやりたいことが見つかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれ、家庭環境は違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰らざるを得ない人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惰性では、絶対に、地元には帰らないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 


自分のやりたいこと、

 

 

 

 

 

 


やってみたいことがあれば、

 

 

 

 

 

 


場所なんて関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

自身の学生生活を振り返り、就職活動を通して、

 

 

 

 

 

 

 


自分がやりたいことは一体何なのか、

 

 

 

 

 

 

 


挑戦してみたいことはどこにあるのか、

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に問い続けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にしかできないことを見つけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事にも真剣にぶつかり、悩みながらそれを乗り越えていく。

 

 

 

 

 

 


タネトネにはそんな社員たちがたくさんいます。

 

 

 

 


一度、話を聞いてみませんか?

 

 

 

 

 

みなさんの今後に必ず役に立つはずです。

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 タネトネの新卒採用・企業情報|リクナビ2018