読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

教育で日本を変えたい

f:id:tanetone17:20170316235209p:plain

 

みなさんこんにちは。

株式会社タネトネ2017年度入社組、通称“イチナナ”の小林千廣です。

 

就職活動が始まってはや二週間がたちました。

それに伴い次の世代、

「イチハチ」の採用も始まったと聞き、

嬉しさ半分、新しい世代に負けていられないという気持ちが半分の今現在です。

 

 

さて、今回私が就活をしている皆さんに伝えたいこと、

それは

「悔いのないように行動し、考えてください」

ということ。これにつきます。

 

では具体的に、悔いのないとはどういうことなのかを、

私の事例に沿ってお伝えします。

 

 

 

 

1.教育系の仕事にしようと思ったきっかけ

 

 

私の場合、大学では日本史関係を学んでいて、

教育学部に所属していたわけではありませんでした。

 

ですが、日本の現在の状況が変だと感じていたため、

その原因に直接かかわり、変えていけるような仕事に就きたいと考え、

教育系の仕事を探すことにしました。

 

 

え、日本の現在の状況が、どう変なの?と疑問に思った方、

耳をそばだててください。

 

それは、

「今の日本は、元気がないのではないか。」

ということです。

もしかしたら、同じように思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

日本の経済状況が悪化していることや、

少子高齢化の問題、地域の過疎化の問題、

労働人口の減少などといった事象に加えて、

 

 

極めて個人的な感想ですが、道を歩いていると、

元気のない人が多いなあ!

という印象を持ちます。

顔に元気がなく、ぼーっとしながら生きている人が、多いなあと。

 

なので、これはどうにかしないといけない、

もっと明るい世界にしたいと感じました。

 

そうして、

どうすればこの状況を改善できるのだろうと疑問に思ったときに、

 

・子どもは希望である

・今を生きる人々に元気を与えたい

と考えました。

 

 

悪いことが目立つ世の中…だからこそ、

その中に光を見出して生きられるように、

子どもたちに明るい未来を見てほしい。

 

そして、バトンをつなげていきたい。

就活を通して、そんな思いが強まっていきました。

 

 

 

 

2.この思いを胸に、どうしたのか

 

 

こんな漠然とした思いを胸に、

人と関わり、

次の世代に貢献できるような仕事がないかを探しました。

 

一体どうやって、探したのか。

 

 

私は就活サイトで、「学力を上げることのみを目的としていない塾」をひたすら探しました。

 

私自身の目的は、

「未来を生きる子どもたちに希望を持ってほしい」

という漠然としたものでしたが、

 

「学力を上げることのみを目的としていない塾」とは、

「学問以外の何かを教えることを掲げている塾」でもあり、

私と近しい目的を持った企業が見つかるのではないかと考えたためです。

 

 

ほとんどの塾が「成績を上げる」ことを目標としている中、

タネトネを見つけることは易しかったです(タネトネは他の塾と比べて、とっても目立っていましたので笑)。

 

そして見つけてすぐに説明会に行き、

そこで人事の方々に熱い思いで伝えていただいた理念に共感して、

ここに入ろう、と即決しました。

 

 

そこでふれたタネトネの理念の一部を紹介すると、

まず「習慣の力」の大事さのお話をいただいたこと。

 

習慣の力とは、

一つでも、複数でも何かをずっと習慣として続けることです。

 

そしてそれは「いい時も悪い時も」、

具体的に言えば、

「頑張っていたのに、だめだった」ときも、

折れずに運転をするということです。

 

これは、毎日「前を向き続けること」であり、

自分で自分の生きる意味を考えて、

人生を創っていくことにもつながっています。

 

これこそが生き抜く力であり、希望を持つことであると考えています。

 

そして、前を向き続け、人々に元気を与えるには、

与える人そのものが元気である必要があります。

タネトネは全力でそれをやっているのだと、感銘を受けました。

 

 

また、説明会で聞いたもう一つの理念。

それは、「会社は形を変えて存在し続ける」ということ。

 

ここでは少し紹介するにとどめますが、

要するに会社は社員を全力で守る必要があり、

そのためには、

会社が変わって行くことを厭わないというものでした。

 

変化を恐れない、変化に挑戦するということは、

成長することを恐れないということ。

簡単なことではありませんが、成せば多くの経験が得られます。

 

 

以上の二つの話を聞き、

タネトネの理念の強さ、また会社自体の強さを感じ、

ここで働こう、と強く思いました。

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:tanetone17:20170316235317p:plain

 

私はこうして悔いのない就職活動を終えました。

ひたすら自分で考え抜いてから、理念にあったところを選択したためです。

 

自身の考えにたどり着くまで、

ここに書いたことよりも、はるかに多くの時間を割きました。

そしてその上で決断しました。

わたしのこの二つの思い、

 

「日本をよくしたい」

「人に元気を与えたい」

 

タネトネでなら、それができると確信しています。

 

ここまで読んでくださった皆様、

タネトネの説明会でお待ちしております。

 

 

 

https://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp206085/outline.html