読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

僕と教員とタネトネと

 

 

みなさんこんにちは!

株式会社タネトネ17卒の羽鳥光亮です!

 

寒い日々が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私は毎日「冬眠したい。」と思いながら生きています。

f:id:tanetone17:20170106000308p:plain

 

 

・・・さて、寒さに加えて「就職活動」というものがにじりにじりと迫ってきて、ちょっぴりナーバスになっている方もいるのではないでしょうか。

 

 

私も昨年の今ごろ、モヤモヤと自分の進路について悩んでいたことを覚えています。

 

 

しかし、そんな私のモヤモヤを一瞬で消し去った「株式会社タネトネ」との出会いを、少しお話させてください。

 

 

①教員になることへの迷い

f:id:tanetone17:20170106000459j:plain

私は高校生の時に「教員」になろうと決めました。

 

それは自分の将来や「なりたい自分像」を考えた時、私が中学生の頃からずっと憧れている部活動の顧問の先生のような人になりたいと思ったからです。

 

 

そこで、恩師と同じ教員になるため、大学は教育学部のある大学へ進学しました。

 

また、やるからにはとことんやってやろうと思いまして

教育系のサークルに入り

小学校でのボランティア、児童クラブでのアルバイトも行い

私の地元の市が主催している「教師塾」という教員養成のための塾にも所属していました。

 

 

 最初は恩師のようになりたいという想いが強かったのですが、様々な教育に関わる活動を通して、次第に”教育”への想いがどんどん高まっていきました。

 

 

「将来どんな教師になりたいか。」「どんな風に子ども達と関わっていきたいか。」

そんなことも教員志望の友達ともよく話していました。

 

振り返ってみると、きっと周りの人からは、私は教員への道を真っ直ぐ進むと思われていたのでしょうね。

実際、私自身もそう思っていましたから。

 

 

正確には、”そう思うようにしていた”ですが。

 

 

というのも、心の中にいるもう一人の自分が、時々こんなことを言ってくるからです。

 

 

 

「本当に教員になりたいの?」

 

 

私は子どものことが大好きですし、子ども達の成長する姿やその成長に関われる教員という仕事にも強く魅力を感じていました。

 

また、よく「教員の仕事量は多くて大変。」という話も聞きます。(実際そうだと思います)

 

ですが、私はそれでも良いと思っていました。

自分が忙しくて大変でも、子ども達に良い教育を届けられるなら。

 

 

 

…ただ、自分の中で一つ、どうしても引っかかるものがありました。

 

 

それは教員一人一人の「熱量の違い」です。

 

 

 どういうことかと言いますと

例えば、一人の子どもが問題行動を起こした時に

「その子どものために本気で叱る先生」と

「あぁ、あの子はもう何言っても駄目だから放っておこう。と流してしまう先生」

 がいるとしましょう。

 

 

 どちらが正しいと言う気は毛頭ありませんが、私は前者でありたいと考えていますし、一緒に仕事をしている人もそうであって欲しいと思ってしまいます。

 

 

また、教育観もそれぞれの先生方によって異なります。

例えば、ある学校で「こんな子ども達を育てていきましょう。」と目標を掲げていても、先生方によって考え方が異なり、教育のズレが起こっているという様子を何度か目にしたことがありました。

 

 

 

この熱量の違いがどうしても引っかかり

「本当に教員でいいのかな?他の道はないのかな?」とモヤモヤと悩んでばかりいました。

 

 

「いや!でもとにかく教員になってみよう!なってみないと分からないし!」

と、何とか自分をごまかして奮起し、教員採用試験の勉強を進めていても、日に日にその声は大きくなっていきました。

 

 

 

….ただ、私はその自分の声をずっと無視していました。

 

 

ここで教員への道をやめたら、自分の進むべき方向が分からなくなってしまう。

と思っていたからです。

 

 

 ですがモヤモヤしすぎて、ついに教員採用試験への勉強すら手につかなくなってしまった私は「このままじゃいかん!!」と思い、とにかく就職活動を始めてみることに決めました。

 

 

 

大学4年の4月のことでした。

 

 

  

 

②直球ど真ん中ストレート

f:id:tanetone17:20170106001029j:plain

さて、就職活動を始めるとなれば色んなことを急ピッチで進めなければいけません。

 

なにせ私は

履歴書の書き方が分からない。

対企業の面接練習もしたことがない。

そもそもエントリーシートってなんぞや!といった状態でしたから。

 

 

そんなわけで私は

急いで大学のキャリアセンター(就職活動支援室)に駆け込み

学内で行われている就活講座や学内企業説明会に申し込み

マイナビのアプリもダウンロードしました!!

 

 

よし!!次は実際に企業説明会にいくぞ!!どこの企業に行こう!!

 

 

 

・・・と、ドタバタ動いて、ここから様々な企業へと足を棒にして、奔走する日々が始まるかと思いきや、そんなことはありませんでした。

 

それは、一社目で株式会社タネトネと出会ったからです。

 

株式会社タネトネの説明会で話を聞いた瞬間、全身に電撃を浴びたような衝撃を受け「この会社に入りたい!!」と心が燃えてしまったからです。

 

 

 

・・・この表現だと、説明会で洗脳でもされたのかと勘違いされてしまいそうなので順を追って説明します。

 

 

私はまずマイナビで「教育」というワードから仕事を探し始めました。

 

自分の今までの学びを活かしたいという想いが強かったですし、なによりやっぱり子どもと関わる仕事がしたかったからです。

 

 

すると、見たことも聞いたこともないある企業が目に留まりました。

 

それが株式会社タネトネでした。

恐らくみなさんもそうではないでしょうか?

 

 

さて、とりあえず企業概要を読んでみようと思い企業ページを開いてみると

 

 

熱い。

ただの文章のはずなのに、ひしひしと伝わってくる教育にかける熱量。

 

 

まずその熱量で一気に引き込まれました。

 

いつもの自分であれば、「何か都合の良いことだけ書いてるなぁ~。」と考えるのですが、なぜかタネトネに関しては嘘が感じられなかったのです。

これはただの直感でしたが。

 

 

しかし実際に説明会に参加してみると、私の直感は間違っていなかったことに気付きます。

 

 

ただの会社の概要を説明するだけの説明会では断じてなく

 

 

どんな「想い」を大切にしているか。

そして、自分達がどんな世界を創っていきたいかが真っ直ぐストレートに伝わってくる。

 

正直”ここしかない”そう思わされる説明会でした。

 

今までのモヤモヤした気持ちはどこへやら、「絶対この会社に入る。」と決めました。

感覚としては一目惚れに近かった気がします。

 

 

なにせ説明会が終わった後、興奮が収まりきらなくて家に帰ってから5kmほど走りましたから。

f:id:tanetone17:20170106000212j:plain

 

 

 

この記事を読んでくれている就活生の皆さんの中には

まだいまいち自分が進みたい業種のイメージがないとか、教育業界には興味がないといった方もいるかと思います。

 

もちろん、僕みたいに教員の道に進むかどうか迷っている人もいると思います。

 

 

ただ、一度株式会社タネトネの説明会に足を運んでみてください。

 

あなたがタネトネの選考を受けるにせよ、受けないにせよ、必ずみなさんにとってプラスになります。それだけは絶対にお約束します。

 

 

それではみなさん。体調には十分お気をつけて就活頑張ってくださいね!

みなさんとお会いできるのを心から楽しみにしております!

 

 株式会社タネトネ

f:id:tanetone17:20170106001746j:plain