読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

正解のない冒険に出よう

 f:id:tanetone17:20170327024728j:image

んにちは!

株式会社タネトネの 2017 年入社の百武吉徳です。

 

 

正月はどうでした?

おせちとか食べましたか?

これを読んでいる皆さんにとって幸せな一年になりますように、心から祈っています。

そして僕も超幸せになれますように・・・

 

 ところで就活どうですか?

順調ですか?

僕も1年前は就活生でした。

僕の就活?

正直に言います。大変でした。だから悩みもすごく分かります。

 

 

 

ですが、「就活なんか知るか!」なんて思わないでください。

悩むのは、自分の殻を破ろうともがいているから。 あなたは充分頑張ってます。

きっと殻が破れた先に、最高の未来がまってます。

下を向いた顔を上にあげて、最高の笑顔を作って、これからの就活をやりきりましょう。

 

 

就活はあなたが主人公の物語です。

 

 

というわけで、

そんな僕の就活という名の、冒険物語を綴ります。

 

第1章       冒険の始まり

f:id:tanetone17:20161230155004j:plain

 

皆さんは将来どうなりたいですか?

きっと素敵な大人になりたいと思っていることでしょう。

 

 

僕も同じです。僕の理想の社会人像は、

毎日仕事を楽しむ・明日が楽しみで眠れない!

というように、日々をキラキラと働く人す。

だからこそ、ワクワクしながら働ける企業に、入社したかった。

 

 

・・・しかし、どの会社説明会を聞いても、心に響くことはありませんでした。

 どこも同じような内容。作られた笑顔にしか見えない表情・・・

 

 

皆さんの受けている会社はどうですか?

  

 

もちろん素晴らしい企業もありました。

素晴らしい人とも、たくさん出会いました。

しかし、どこか自分の理想と違い周囲の人に合わせ、なんとなく面接を受けるいう日々が続きました。

 

 

人生なんてこんなもんか・・・この調子で妥協してどこかの会社で働いて、愚痴を毎日言い続けて、一生を終えるのかな・・

・・・と、半ばあきらめていました。

 

 

 

第2章 衝撃!!タネトネとの出会い

 f:id:tanetone17:20170218150915j:image

 

僕は「企業内でのイベントが多い会社は人を大切にしている」と考えていました。

そのため、

「体育祭」「文化祭」

といったイベントを行なっている企業を中心に探していました。

 

 そして偶然にも「タネトネ」という会社を見つけました。

 ●これはタネトネでのスポーツ大会と運動会の写真です。

f:id:tanetone17:20161230154026j:plain

f:id:tanetone17:20161230154022j:plain

普通の企業の運動会を思い浮かべて、どんなものをイメージしますか?

 

わいわい、楽しく?

  

タネトネにはそれにもう一つ言葉が入ります。

全力」です。

全員がイベントに対して全力で取り組んでいるんです。

このFacebookを見てもらえば分かります。

セキュリティチェック

 

 

タネトネの説明会。

僕の就活はここで一変します。

 

 

最初の和やかなムードで始まると思いきや・・・

あ、熱い!この説明会はやばい・・・

2時間の説明会だったのですが、あっという間に過ぎたのを覚えています。

 

     

説明会の熱量、タネトネの教育に対しての本気の思い、その真摯なまなざしに、感動した僕は「この人達のような、かっこいい大人になりたい

と感じました。

 

 

第3章    感動!!入社の決め手

f:id:tanetone17:20170218150837j:image 

あなたには就活の軸はありますか?

 

やりたいことが出来る企業?

給料が高い企業?

福利厚生が厚い企業?

自分の知識が活かせる企業?

 

 

僕の軸は、かっこいい大人に一番近づける企業でした。

 

僕にとってかっこいい大人とは、

自分の言ったことを最後までやり抜き、最高の成果を残せる人です。

 

 

だから

面接で「タネトネで働く人たちは何事もやり抜く」という言葉を聞いた時は嬉しかった。

 

「やり抜く」て当たり前じゃん。

 

本当にそうでしょうか?

僕はこの「やり抜く」って誰もが出来ることではないと思います。

 

例えば、皆さんは勉強、部活、恋愛において

後悔がないほどに、打ち込んだことはありますか?

 

 

 

僕は何事も一生懸命やってきたつもりです。

ですが、「後悔がないほど打ち込んだか?

と尋ねられると、「まだ出来た」「あの場面で力を抜いてしまった」と思うところがあります。

 

 心の奥底では「このままでは絶対に理想とする大人になれない」ということは分かっていました。

 

・・・だからこそ「やり抜く

 

 

という言葉が心に響きました。

僕はタネトネの先輩方や、熱い想いを持った同期と、この「やり抜く」姿勢を身につけるために入社します。

 

 

最終章 あなたもタネトネと冒険へ出かけませんか?

 

f:id:tanetone17:20161230162102j:plain

 

僕が説明会で感じたもの。

それは文章では表現できません。

行ってみなければ知りえないものが、

タネトネの説明会にはあります。

 

どの会社よりも楽しくて、

どの会社よりも熱く、

どの会社よりも仲間を大切にしている

僕はそんなタネトネを心から知ってほしい。

 

 

そしてそれは行けば分かる。

行くだけであなたは、

 

 

 

就活でライバルを大きく差をつける。

・人生の大きな出会いになる。

 

 

 

 

そんな出会いが待っているかもしれません。

そしてそれだけの価値があるとお約束します。

 

 

 

 

最後までありがとうございます。

それでは来週の記事でお会いしましょう!

お楽しみに^^

 

 

株式会社タネトネ