読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タネラボ ~イチナナによるタネトネ研究室~

株式会社タネトネ 2017年度内定者ブログ

不安の取り除き方

 

皆さんこんにちは。

常夏の地で生まれ育った、

タネトネ2017年入社の池間あすかです。

 

 

私は生まれも育ちも沖縄で、

大学3年生の頃までは沖縄県外での就職なんて一切考えていませんでした。

 

 

 

そんな私がなぜ東京へ出ることを決めたのか、

なぜ「株式会社タネトネ」を選んだのか、

それらを含めた3つの点を皆さんにお話したいと思います。

 

 

 

 

① 沖縄から東京へ

 

私が東京に出ることを決めたきっかけ。

 

 

 


それは、「留学」でした。

 


私は留学して初めて、故郷「沖縄」が自分が思っていたよりも

外国の方には知られていないことに気づきました。

 

 

外国人観光客も多く、世界的にもある程度の認知度はあるだろうと思っていましたが、

実際は違いました。今思えば当然ですが、

外国の方のイメージは「日本=東京」。

 

 

 

当時の私は東京に行ったことすらなかったので

外国の方が知りたがる日本(=東京)についてはほとんど話すことが出来ませんでした。

 

 

なぜこの経験が私の東京進出に繋がるのか

というと、その時に、日本の代表都市である東京について知らないことに対して

恥ずかしい、悔しい」と思ったからです。

 

 


元々は単純に生まれ育った沖縄が好きで、

沖縄の人に囲まれて仕事がしたいからずっと沖縄に居たい、と思っていたのですが、

この経験をしてからは

沖縄という殻に閉じこもっているだけではないのか

慣れない環境に入ることから逃げているのではないか

という思いが消えなくなりました。

 

 

 


そして、そこから徐々に東京での就職を考えるようになり、

帰国する頃には「自分の世界を広げてみよう」と、気持ちが完全に固まっていました。

 

 

 

 

 

②譲れないもの

 


f:id:tanetone17:20170219002106j:image

 

 

こうして私は東京での就職先探しを始めたわけですが、

私の就職活動についてお話しする前に皆さんにお聞きしたいことがあります。

皆さんが企業を選ぶ時に、

これだけは絶対に譲れない!というものは何ですか?

 

 

 

 

 

 


私の場合は一緒に働く人、つまり社員の方々です。

 

 

就職活動を始めたばかりの頃、

何を軸に就職活動を進めていくべきなのかと考えた時に、

私の頭の中にはこんな疑問が浮かびました。

 

 

 

 

 

もしも仕事で大きな壁にぶつかった時、何が私を支えてくれるだろう?

何が私を正しい道へ導いてくれるだろう?

 

 

 

 


これは、就活生なら誰もが持つであろう、社会に出ることに対する不安です。

そこから私が辿り着いた答えが、

一緒に働く人でした。

 

 


人として尊敬できる先輩方と働きたい。

そう思いながらいくつかの説明会に参加していましたが、

当然、どの企業の方々もパーフェクトにみえるんです。

優しそうで、「仕事が楽しい!」という雰囲気をまとっていて、

社員さん同士仲が良さそうで…。

 

 

だからこそ私は、説明会に参加する度に

社員の方々の表情や目、話し方、他の社員さんとのやりとり(関わり方)を、

私は調査員か?」と自問自答してしまう位の勢いで観察していました。

今考えると、必死すぎて怖い顔になっていなかったかなぁ、と心配になりますが…。笑

でもその位本気で、心から一緒に働きたいと思える社員の方々を探していたんです。

 

 

 

 

 

 


③「体験」する説明会

 


そして、気になっていた説明会の大半に参加し終え、

やっぱりどの企業も輝いていて素敵だな、と思っていた時

「株式会社タネトネ」の説明会に出会いました。

 

 

 


どの説明会よりも熱くて、刺激的で、感動的でした。

それまでに参加した説明会とは桁違いの本気度

 

 

話を聞くというよりは体験する、と言う方が正しい気がします。

 

 


私は、説明会の始めからその雰囲気に引き込まれ、

「何が何でもこの会社に入ってみせる」と気持ちが高ぶったのを今でも覚えています。

まずは、どうにかして池間あすかという存在を覚えてもらおうと

説明会の最中、説明会後、選考、できる限りのアピールを全力でしました。

 

 

きっと、ここまで読んでいて

『この人は元々積極的な人なんだろう。自分にはちょっと無理…。』

って思った人、いますよね?

 

 

 

 

 

 

はっきりと言い切りますが、それは違います。

 

 

私は人前で話すのが苦手で、
本当に小さなことでも緊張してしまうタイプです。

 

 

 

ではなぜ、積極的にアピールすることが出来たのか。

 

 

 

答えは単純。

 

 

タネトネの説明会で感じた熱量が、私をそうさせたんです。

説明会で、タネトネの「妥協の無さ」「本気度」を感じたからこそ、私もとことん本気でいかなきゃ、と思ったんです。

 

 

 


今、この記事を読んでくれている就活生の皆さん、

ぜひ、タネトネの説明会を体験してください。

私が文面だけでは伝えられなかったものが、きっと分かります。

「時間の無駄だった」なんて言わせない自信があります。

 

 

 


f:id:tanetone17:20170219002655j:image

 

 

最後に、私が以前社員の方からかけて頂いた言葉を皆さんに送ります。

 

 

 


やってみるまで不安はなくならない

 

 

 

 

就職活動中は不安なことだらけです。

それでも、自分から動いていかなければ前にも進めません。

でも、逆に言ってしまえば

自分が動けば必ず不安は減り、自信に変わります。

 


自己分析に不安があるなら、

満足いくまで突き詰めればいい。

面接が不安なら、

不安が消えるくらい練習すればいい。

 

 

 


自分を信じて、精一杯頑張ってください!

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が、皆さんの就職活動のヒントになれば幸いです。

では、次回の更新をお楽しみに!

 

 

 

株式会社タネトネ

 

共に高みを目指して ~タネトネとの出会いと本当の自分~

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

イチナナの米浪(こめなみ)健司です!

 

 

今回は、僕の就職活動を4つのテーマにわけて振り返りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

1.就職活動に向けてのターニングポイント

 

 

 

今年も3月1日に解禁される就職活動。皆さん、準備は進んでいますか?

もしかすると、もうすでに始まっている人もいるかもしれません。

 

 

 

 

そんな僕が就職活動を始めたのはちょうど1年前の3月1日。

前日の2月29日、もっと厳密に言うと3月1日の朝まで、教員採用試験に向けての勉強をしていました。

 

 

 

奈良県出身の僕は、関東地方、特に首都圏での教員を目指していました。

 

 

 

最初は、教員になる!と自分に言い聞かせていました。

 

 

 

 

しかし、周囲が教員採用試験に向けての勉強を本格化させたと同時に、

本当になりたいのかと、疑問を抱くようになりました。

 

 

 

 

 

 

そして迎えた3月1日。

 

就職活動にも少し興味があったので、奈良から、合同説明会が開催される幕張メッセに向けて出発しました。

(大阪でも合同説明会は開催されていたのですが、就職するにしても首都圏希望だった

ので…)

 

 

 

 

 

興味があったとはいえ、やはり教員になることを諦めきれず、先ほど述べた通り、行きの新幹線の中で教員採用試験の勉強をしていたのを今でもはっきり覚えています。

 f:id:tanetone17:20170212215929j:plainf:id:tanetone17:20170212220043j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

首都圏を希望していた理由については、

 

 

 

 

それは都会への憧れです。

 

 

小さい頃から都会に憧れをもっており、大阪の大学に通い都会の空気を感じると、より一層その思いが強くなりました。

 

 

 

実家から近い大阪ではなく、首都圏での一人暮らし。

 

 

 

もっともっと人間的に成長したかったのです。

 

強くなりたかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して…

 

 

 

 

 

幕張メッセに到着し、スーツ姿の学生の列に並んでいると、あまり聞きなれない会話がたくさん聞こえてきます。

 

 

 

 

「業界研究してる?」「自己分析進んでる?」「SPIの勉強は?」

 

 

 

教員採用試験に向けての勉強をしていたため、就職活動の準備は全くしていなかった僕はすごく焦りました。こんなにもすることがあるんだ…(゜-゜)

 

 

 

時間もあまりなかったので、とりあえずブースで話を聞くことに。

(最初に入ったブースは某保険会社だったような気が。)

 

 

 

 

 

 

ここが僕のターニングポイントと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

いくつかの会社の事業内容や採用について話を聞いている中で、自分なりに就職活動と、就職してからのイメージをしていました。

 

 

そして気づきました。

 

 

 

 

 

本当の自分を出せるのはここだと。

 

 

 

社会人になっても、大きな目標に向かって突き進みたい!と思ったのです。

 

 

 

学校現場の具体的な目標がわかなかったのです。

 

 

 

 

では、本当の自分とは?

 

 

 

正直、具体的にはまだわかっていませんでした。

 

 

ただ、教育業界も含めて、たくさんの業界業種を知ることで、本当にやりたいこと、(長所や短所、性格も含めて)本当の自分が見つかると思ったのです。

 

 

 

 

 

心の中で、面接で自分のことを精一杯アピールして、たくさんの人に僕という人物を知ってもらいたい!!と思っていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そこから僕の就職活動が始まりました。

 

 

 

気持ちを切り替えて、帰りの新幹線ではネットで就職活動について調べながらノートにたくさんメモをしていました。

 f:id:tanetone17:20170212220110p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.就職活動開始とタネトネとの出会い

              

就職活動中には、業界業種問わずたくさんの会社の説明会に足を運びました。

教育業界はもちろん、小売業、保険会社、IT業界…

ほんと幅が広い(笑) 不動産会社にも行きました。

 

 

 

選考に進み、面接を繰り返すうちに、徐々に自分の長所というものが見えてきました。

皆さんは現時点で自分の長所をはっきり言えますか?

 

 

 

すぐに出てきた人は素晴らしい!

何だろう?って思った人、大丈夫です。真剣に自分と向き合っていれば必ず見つかります。

 

 

 

 

 

その長所を精一杯アピールしてください。自分のことを理解してもらえると同時に、自分で自分がどんな人なのか見えてきます。ちょっと楽しく思えたりもしました (*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからは僕とタネトネとの出会い。

 

 

業界業種問わずたくさんの会社説明会に行き、自分が本当にしたいことは何なのかを探した結果、やはり教育関係の仕事がしたいということに気づきました。

 

 

 

 

教えることが好きな僕は、学校で勉強を教えるよりも、もっとこう何というか…

 

人間性であったり、心の部分の指導をしたかったんです。

 

 

 

 

就活サイトから教育業界の会社を探していると、タネトネという名前が。

仕事内容などを見ていると、それはそれはもう長い!!

 

 

 

 

これは選考途中に気づいたことですが、あの長さは、就職活動中の学生にむけて一緒に働きたいというメッセージと同時に、大きな目標である“日本の教育を変える”というメッセージを発信しているのではないか?と。(個人的に思いました)

 

 

 

 

何の迷いもなく、6月の2週目に新宿で行われる説明会に予約しました。

 

 

 

 

しかし、当日になるとそれまでの就活の疲れからか、行くかどうか迷いました。

だって奈良から新宿までですよ? 約4時間ですよ? (笑)

 

 

 

 

 

 

そこでもう一度、就活サイトのタネトネのページを読んでみました。

 

 

 

読んでいる途中に、熱い気持ちが沸いてきました。

 

 

やっぱり自分のやりたいことに似てる…

 

 

 

ここで行かなかったら、絶対後悔すると思い、読み切る前に、行くことを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.決心

 

 

そこで聞いた説明会は、学校の授業のようでした。

授業といっても決して退屈な授業ではありません。

 

自分の一番好きな授業を想像してください。

めちゃくちゃ楽しいですよね? ワクワクしますよね?

その授業で新しいことを習うと、興味深くなってもっと知りたいと思いますよね?

 

 

 

 

 

言うまでもなくすっっっっっごい情熱が伝わってきました。

 

 

 

 

説明会の間は、僕も教育に対しては熱い思いを持っています!と、特徴である凄い目力でアピールしていました。

 

 

 

 

そこからタネトネに対する思い、教育に対する思いが強くなり、絶対にここで働く!と決心しました。

 

 

 

 

 

 

帰り際に人事課の方から、

「今日は奈良から来てくれてありがとう。これからの選考についてだけど、タネトネの選考は東京でしかやってなくて…。」と話しかけられました。

 

 

 

 

 

僕はそのとき心の中で、

(いや!東京だけ?そんなん関係ないです!もっともっと熱い話を聞きたいです!あんな凄い話聞けるなら、4時間なんて短いもんです!また明日にでも来たいぐらいです!)と思い、

 

 

 

即答で、

「あっ、全然東京まで来ます。よろしくお願い致します!」と答えました。

 

 

 

はっきりと覚えてる…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

選考では、自分の思いを100%発揮できる環境を与えてくださった人事課をはじめとする関係者の皆様にはとても感謝しています。そのおかげで僕はタネトネから内定をいただきました。

 

 

 

 

 

志望動機としては、やはり熱い気持ち・情熱が一番ですが、最近気づきました。

 

 

 

その情熱を持ったたくさんの仲間と共に、大きな目標に向かって切磋琢磨しながら進むことができると。

 

 

 

 

 

 

元野球部の僕は、高校時代のあの辛い練習を仲間と共に乗り越え、大きな目標に向かって努力していたことの素晴らしさを思い出しました。

 

 

 

 

社会に出て経験する辛さや、そこから味わう挫折は当時と比べものにならないと思いますが、この会社でその壁を乗り越えることで僕の目標である、立派な教育者になることができると信じています。

 

 

 

 

 

 

あの日、もう一度タネトネのページを読んでよかった。

 

 

 

説明会に行って本当によかった。

 

 

 

 

 

僕は心の底からタネトネと運命の出会いをしたと思っています。

 

 

 

 

 

 

教育に少しでも興味がある方は、絶対に説明会に行くべきです。

教育に対する考えが本当に広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.就職活動中のみなさんへ

 

 

長々と書いてきましたが、就職活動中、あるいはこれから就職活動をする学生の皆さんへ、

 

 

「自分のやりたいことを見つけてください。」

「自分に合った会社を選んでください。」

 

と、耳が痛くなるほど聞くと思います。

 

 

 

ただ、僕からは、

 

「本当の自分を見つけてください!」

とメッセージを送らせていただきます。

 

 

この一年間は自分の成長に欠かせない一年になりました。本当に大きく成長していると思います。

 

 

就職活動を通して、自分の将来の目標や理想の人物像を見つけることができました。

 

 

 

 

やらなければいけないことはたくさんあるでしょう。

しかし、内定をもらうという目標だけではなく、本当の自分を見つけようとすると楽しむことができました。

 

 

 

 

皆さん、精一杯やりきりましょう!!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

株式会社タネトネ

栄養の先生になりたかった私が

http://3.bp.blogspot.com/-CzpxQLMHPA8/UWgWjfMATyI/AAAAAAAAQF0/83US_FpwCXE/s400/syukatsu.png

 

 

 このブログを読んで下さっている皆さん、こんにちは!

イチナナ(2017年度入社)のがっちょんこと、緒方真奈です。

 

 

3月の企業説明会スタート(情報解禁)まで1ヶ月が切りましたね。

 

私はまだこの時期は「そろそろ始まるな~」と思いつつ、

就活サイトのエントリーを

恐る恐る申し込んだ覚えがあります。(笑)

 

 さて、私からは、

不安だった「就職活動する前の準備や心境」から、

「タネトネのイチナナとなった現在について」をお話ししたいと思います!

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです!

 

 

  ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ 

 

 

①就職活動をするにあたって

私は大学で栄養学を専攻しています。

元々、栄養教諭という学校での食育指導をする先生になりたいと

思っていました。

 

教員採用試験だけでは不安だったので、

「就職活動をしよう!」と決めたものの、

4年の授業予定をみると、

どこから手を付けたらいいのか分かりませんでした。

 

 

そこで、

まずは自分の年間スケジュールをざっと書き出すことで、

今やるべきことが明確になりました。

 

 

 

②就職活動をするものの…

私は子どもと接する仕事に就きたいと思っていました。

 

 就職活動は【保育園や幼稚園の給食施設】を

中心に探していましたが、

+αに取っていた教職科目の興味深さもあり、

「教育」がつく企業も探していました。

 

 

給食施設で働く栄養士は

子どもに安全な給食を提供することが仕事ですが、

説明会へ行くたびに

 

もっと子どもと面と向かって

触れ合う仕事をしたい!

 

思うようになりました。

 

 

そこで今度は教育企業に絞り、色んな企業へ足を運ぶたびに、

 

親や先生方から教育を受けて今の自分が

存在するように、自分の教えが子どもたちの

未来を創っていくんだ!

 

と、教育業界で働く方々を尊敬の目で見るようになりました。

そして、私は、学校ではなく企業で働く先生なら、

子どもと2人3脚となって同じ目標を目指すことができる!

思うようになりました。

 

 

 

 

タネトネとの出会い~入社の決め手

 私は、20社ほどの説明会に参加しましたが、

どれも私がしっくりきた企業はありませんでした。

 

 例えば…。

 

ある進学塾では、

少しでも

偏差値が上の学校に行けるようなら行ってもらいます。」と

人事課の方に言われ、

 

チラシを見ても【○○大学合格 △人!】の文字を見ては、

自分の会社の業績ばかりを気にして

本当に子どものこと第一に考えているのか?と

疑問を抱くようになりました。

たしかに、そのような考えを持つ保護者の方や学生も

いると思いますが、みんなが同じ考え方ではないと

思いました。

 

 

 

そんなとき、タネトネを見つけました。

聞いたことのない企業だったので、

最初は軽い気持ちで説明会に参加しました。

 

 

ここで私が感じたことは、

 

言葉は伝え方次第で

こんなにも心に響くものなんだ!

 

と、言葉の力のすごさに驚いたことを覚えています。

 

 

教育に対する熱い眼差しと想いがひしひしと私の心に届き、

メモ帳に書くペンが止まらなかったことを今でも覚えています

(下の画像が説明会の時の私が書いたノートです)。

 

f:id:tanetone17:20170114214545j:plain

 

 

 

 

 

説明会の感動が忘れられなくて、

私はタネトネの入社を決めました。

 

 

しかし…

入社前は、私は大手企業かタネトネ、

どちらにしようか迷っていました。

大手企業といえば、「安心して働けるだろうな。」くらいの

イメージで、漠然と考えていたからです。

 

 

そんな中、 私がタネトネを選んだ決め手は、

 

 

▼【FLAPS5つの習慣】に惹かれたから

成績を上げることは確かに必要だけど、

表面上の能力でしか見られていないと思いました。

 

「習慣を変えるということは、

その人の根本(根)を変えていくものなんだ!」と

説明会に言われたことやいただいたパンフレットを

改めて振り返りました。

「偏差値を上げる」というやり方が

私にとって違和感があったのは、

こういうことだったのだと思います。

 

 

 

ベンチャー企業だからチャンスだと感じた

ベンチャー(venture)とは、「冒険的な企て」という

意味があるように、

「既存の大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営の展開」に期待が出来ます。

 

 

だからこそ時代や人々のニーズに合わせたやり方を柔軟に

対応し、新たな方法を自分たちの手で開拓できると考えました。

 

 

 さらに、ここで悩んでいたときに大学の就職課の方が

 

 

 

大手企業だからと言ってこの先、安泰かと

いわれるとそうではない。

ベンチャー企業でもこの先やり方次第で

未来を変えるすごい会社になるかもしれない。

 

 

 

と背中を押して下さりました。

 

 

これが私のタネトネへの入社の決め手です。

 

 

 

 ④タネトネのイチナナとして 

  タネトネは内定を頂いておしまいではなく、

入社するまで私たちイチナナを成長させる機会を

与えてくれます。

 

「○○をやりなさい」ということではなく、

自分たちが主体となって行動を起こすエネルギーを

与えてくれる、そんな会社です。

 

 

私は、このタネトネで

大学で学んだ栄養の知識を活かして、

食に関するイベントを企画したいと思っています。

 

 

   ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~

 

 

 私からのお話は以上です。

ぜひタネトネの説明会へ運んでみて下さいね!

 

 

そして、イチハチの皆さんと一緒に新しいことに

どんどん挑戦するのを楽しみにしております!

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

株式会社タネトネ